常勝軍団ドイツに降りかかった大きな気掛かりとは

EURO2016準々決勝、イタリアとの死闘がメモリーに真新しいドイツ筆頭、次の準決勝ではふる里オープンで決意も良いであろうフランス筆頭との競り合いになります。
あんなドイツ筆頭、実はこういう一戦を前に大きな不安を抱える件となりました。
まずは決勝トーナメントより1トップに君臨し大奮戦を遂げていたゴメスが右手大腿をけがし早々に今フェスティバルを後にし、中盤の下に構えていらっしゃるMFケディラもイタリア戦で左内転筋をけがし早々に行きがけスイッチ、まだまだ組織の大黒柱でもシュバインシュタイガーもけがと、組織内にけがヤツが続出している。
ノイアーを代表としたディフェンス道筋は磐石ではあるものの、圧力達、それほど附属講じるバイエルンでも参列機会が与えられず、筆頭で初期1ターゲットとしてセレクトされていたゲッツェの不振など不安要素は今までもあったもののここに来てけがヤツ頻出とはようやくを競り合う上で大きな不安要素となります。
とはいえ今までも、ゲルマン心をもって様々な逆境を乗り越えてきたドイツ筆頭、こんな時だからこそゲルマン心を見せて望むものです。http://www.ooooner.com/musee-hanashita.html